コップ袋・お弁当袋のサイズってどのくらいがいいの?

 こんにちは、水上里美です。

 

コップ袋やお弁当袋の大きさについて幼稚園・保育園でサイズの指定がない場合に、

 

「どのくらいのサイズでお願いしたらいいかわかりません」


というお問い合わせをよくいただいきますのでブログの記事にさせていただきますね。

 

まずは、コップ袋からいってみよう!

 

りんごの木のコップ袋の基本のサイズは、
タテ15cm×ヨコ15cm×マチ10cm

コップ袋
大きめで横向きにコップが入るので、小さなお子さんでも取っ手を持って取り出しやすいです。
コップ袋
中に入っているのはコップと歯ブラシ。コップの高さは約10cm。はぶらしは15cm。

コップ袋
口を絞るとこんな感じ♪

 

続いて、お弁当袋です。

りんごの木のお弁当袋の基本のサイズは、

タテ20cm×ヨコ20cm×マチ10cm

お弁当袋 給食袋
中身は下から順にカトラリー3点セット、お弁当箱、デザートケース。
お弁当箱
サイズ:【カトラリー3点セット 19.5×8×1.8】  【お弁当箱(幼児用1段)13×10.5×4.5 】 【デザートケース 8.5×8.5×4.5】

口を絞るとこんな感じ♪
口を絞るとこんな感じ♪

 

お弁当袋の中身は、幼稚園によって様々です。
今の所一番多いのがこのパターンです。

ランチョンマットも入れるという園も多いですね。

 

入園して間もない頃は朝、袋に入れるのはお母さんの仕事かと思います。

でも、園に行ったら子供たちが自分で袋から出し入れするんですね。

 

大人には簡単な作業でも3歳児は時間がかかる。

さらに袋の口が小さかったらさらに時間がかかります。

 

先生曰く、コップ袋にコップを入れるのに苦戦している子が多いそうです。

たしかに市販のコップ袋のサイズって少し小さめなきがします。

 

ちょっと大きめのサイズでお作りするのがオススメです。

 

サイズ決めの参考になさってくださいね♪

 

 

 


menu


終了しました!
たくさんのご来場誠にありがとうございました。

 


保育園ママに人気のタオルエプロン。おうちで使うのもオススメです♡


小学生の必需品!移動ポケット


 子供のためにお母さんが学ぶ
コミュニケーションスクール
**開講準備中**